自閉症のKくんが自分の世界を広げることができたこと

世界が広がる

こんにちは、

天命・天職が見えてくる

自己観察の専門家

 

平野香緒里です。

 

 

 

私は、自己観察と出会う前に、
発達障害の子供たちとその家族をサポートする仕事に
10年ほど関わっていました。

 

ある自閉症の男の子のお話です。

 

Kくんとしましょうか。
当時Kくんは養護学校に通う中学生でした。

 

Kくんは、いつも行くお気に入りの公園がありました。

 

逆にそこ以外はKくんにとっては安全でない場所なんですね。

 

だから、いつもKくんは、「○○公園 いくー」と言っていました。

 

 

私はずっと思っていました。

 

 

Kくんを他の△△公園に連れていきたいと。

 

 

きっとKくんは気に入るよね~と以前から思っていたし、

もっとKくんに世界を広げてほしかったのです。

あるとき、Kくんに「今日は△△公園に行こうよ」と言いました。

 

○○公園もいいけど、△△公園もまた楽しいよ~!!と。^^

 

すると予想はしていましたが、

ものすごい自分の頭をガンガン叩いて

自傷が始まりました。

 

今自分のいる世界、知っている世界が安心だから

新しい世界なんて行かない~!!!

 

と訴えているようでした。

 

でも、私はそれでもKくんに新しい世界に

連れて行きたかったのです。

 

 

たとえ、おもいっきり腕をつねられようと

何されようと^^;

かなり激しい抵抗を受けながらも、

Kくんが初めての△△公園に連れて行きました。
 

 

そこで結局どうなったかといいますと、

Kくんは、そこでもとても楽しく遊べたのです。

 

 

そう、お気に入りの場所がもう一つ増えて

新しく世界が広がったのです。

 

 

あの時、暴れながらも、

私を信じてついてきてくれてありがとう!

 

 

新しい世界が、Kくんにとっての

お気に入りのスタンダードになって

本当に心から嬉しかったです。

 

 

私は、2008年の夏に離婚をしました。

 

その頃の私は、自分の頭でどんなに考えても

今の自分は想像できませんでした。

 

でも、20代後半からずっと何が本当の私の道かわからず、

内面的に苦しい日々が続きました。

 

 

その頃からなんのために私は生まれてきたのだろう?

というところにはまってしまったのです^^;

 

 

あれだけ悩んでいたことが、

自己観察と出会ったことによって今、

天命・天職を生きている実感があります。

 

 

自分にもそれまでにないほど、深く向き合いました。

 

発達障害をもっているKくんが新世界を受け入れて

どんどん幸せが広がっていったように、

私も幸せの感覚が深くなっていきました。

 

 

自分が変わる!という感覚よりも、

本来の自分に戻っていく感覚の方が

近いかもしれません。

 

 

私はセッションをしていて、受講生が自ら気づき

深い変容があった瞬間に立ち会えたとき、

最高に幸せです。

 

なんて、なんて幸せなんだろう・・・

とその一言につきるんです。

 

 

今、何かに苦しみを感じている人。

そして今それなりに幸せだよという人。

 

 

今のあなたが想像できないくらい、

頭で描けないくらいの無限の可能性を
体験できる世界があります。

 

 

あぁ、、こういう体験がしたかったんだ。
ということ

そこに、一緒に行けたらいいですね。

 

世界を広げる

 

そのサポートをすることが私の最高の喜びです。

 

今月タイミングが合いご縁のある方と

お会いできることを楽しみにしています。^^

 

 

リアルタイムのメール受講生に向けての

セミナー情報や毎日少しずつ
自己観察を極めていくメール講座もあります♪

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop