他人にどう思われるか気になる人

他人の枠

こんにちは、天命・天職が見えてくる

自己観察の専門家

 

平野香緒里です。

 

 

今日は、「他人にどう思われるか気になる人」

について書いていきたいと思います。

 

囚われるという漢字
枠の中に人が入っている状態
 
 
 
th_スクリーンショット 2015-03-18 20.42.57
 
 
 
能力も才能もこの「枠」の中に
入っていては発揮できません。
 
枠とは何か?
 
 
枠とは「他人」です。

人にどう思われるかという恐れ

 
人に何かを伝える時に
ブロックになるのです。
 

 

 

他人にどう思われるか気になる人=

人がどう思っているかに囚われている
〔とらわれる〕
 
 
思われてなんで嫌なのか?
⇒他人がまだいる
 
 
摩擦をクリアしていく
⇒他人がいなくなる
 
 
他人という枠がはずれると潜在的な氣がでて、
自分の能力や才能が自由に発揮できる

自分が現実を創造している

自覚を持つこと

 

 

 

例:

最初のころはいつもお客様が

満足しているかどうか気になっていました。

ある時から、人がどう思っているかに

囚われるのをやめたら、
 
 
 
枠がはずれて自分の能力、
才能が自由に発揮できるようになった
 
 
 
さらに自分この現実を創っているのだから
自分のところにきてくれる人は
どんなことも体験したくてきている
 
 
もちろん最善は尽くすことが大事だけれど、
自分が100%の状態でないときもある。
 
 
それでもその人はそういうことも含め
体験したくてやってくるとそういうふうに
思えるようになったら本当に楽になります^^
 
 
具体的な枠の外し方は、
 
「自己観察」を学び&実践すると
枠を納得して外していくことができます。
 

 

 

 

「自己観察」で人生の謎を
読み解いていきます^^

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop