自分が「干渉されたい」と望んだことだった

th_shutterstock_164208071

天命・天職が見えてくる
自己観察の専門家

平野香緒里です。

 

 

今日は、プログラム受講生のYさんのお話です。

 

Yさんは、お母さんのことで

イライラしていました。

 

 

一緒に暮らしていて、

 

「もう干渉されたくない」

 

と言っていました。

 

 

 

いつもメールが毎日きていて

 

「うっとうしいから毎日はメールよこさないで」

 

 

と言ったら

お母さんからのメールが
2日にいっぺんになったそうです。

 

 

 

すると、今度は、

 

メールが来ない日はさみしい

 

 

という思いが出てきました。

 

 

なんだかんだ言って、Yさんは
お母さんのことが好きなのです。

 

 

実はYさんの現実は、思考パターンで
望んでる通りになっていたのです。
 

「お母さんに干渉されたい」

本当は、干渉してもらいたいとも思っていたのです。

 

 

今は自分が思うような
干渉され方ではないけれど、

自分のことをこれをやっているんだ
ということだったら、

 

「あぁそうなの~」

 

と同意してもらったり

いい方に、干渉されたい
 

 

だから、根底の

 

「干渉されたい」

 

というのは、望んでいる通りになっているのでした^^

 

 

 

 

Yさん側から観る

干渉されることは、

口うるさく言われることと

応援してもらったり、
共感してもらうこと

 

 

2パターンのマイナスとプラスとして受け取っていますが、

 

 

お母さん側から観たら、

 

きっとどちらも同じ「愛」の気持ちを

表現しているだけなのですね。

 

Yさんは、お母さんのことで
悩んでイライラしていましたが、

 

自分が「干渉されたい」

と望んだことだったのか!

自分が望んだ通りに経験しただけだったのだと気づいてから、

 

「干渉されたい」という望みを手放しました。

 

 そもそも、

なんで干渉されたいという思いがあったのか?

ということも、自己観察はしました。
(その自己観察はまた違う機会に^^)

 

その後は、自由に行動し、

ほどよく気にかけてもらって

いい感じになっているとのことです^^

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop