「神社ノート」を新年にぜひ活用してください。

スクリーンショット 2017-12-20 20.43.15

こんばんは、

天命天職が見えてくる
自己観察の専門家
平野香緒里です。

 

 

2017年もあと数時間で終わります。

 
どんな大晦日をお過ごしでしょうか?

 

 

私は、数日前には山中湖にいました。

 
小学6年生の娘と二人で
二泊三日で滞在しました。
 
 
ダイヤモンド富士の写真が
撮れました。
 
 
 
これを読んでくださっているあなたにも
御裾分けです。^^
 

 

 

夜、隣で寝ている12才の娘の寝顔を
しばらく眺めていました。

 

 

時々やることがあります。

 

 

娘の胸に
耳をそっとあてるのです。

 

 

ドク、ドク、ドク、ドク

娘の心臓は動いています。

 
 
この当たり前のように
動いている心臓は、

命が与えられた瞬間から
ずっとずっと
動き続けてくれています。

 

 

 

この世に誕生する前から
お母さんのお腹の中で
心臓が動き始めてから、
一度も止まることなく
動いている。

 

 

 

心臓以外の臓器も
みんなそうですよね。

 

 

ありがたいことですね。

 

 

意識的に心臓を止めようと
頑張ったって、
動いてくれています。

 

 

 

あなたも

よかったら、
自分の手を自分の胸に
あててみてください。

 

 

 

どんなに頑張って

 

「心臓止まれ〜!」

 

「エイッ!」

 
と念じたところで、

どうですか?

 

 

止まらず

動いてくれていますよね。^^

 

 

顕在意識で、「心臓止まれ」と

いくら念じても、
それが起こってこない。

 

 

ということは、

人には寿命の長さは
それぞれですが、

 

心臓が動いてくれている時間は、
確実にこの世界で生きているあなたのことを
100%応援してくれていると考えられませんか?

 

 

 

どんなに、嫌なことがあって、
許せないと思っても、

もうどうしたらいいかわからない

と人生に絶望していたとしても、

 

 

自分の頭で考える
自分を超える何かに
生かされている事実。

 

 

 

私は今の娘(現在12才)が生まれる前に、
初めての妊娠で流産の体験をしています。

 

その時は残念ながら、
私のお腹に宿した命は
第8週目で心臓の音が
聴こえなくなりました。

 

 

といっても

本当にわずかな日数でも

私のお腹の中にもう一つの命が

あったのです。

 

 

 

小さな小さな心臓が
動いていた事実は
確かにあったのです。

 

 

 

どの命もこの世に生まれて
こられるわけではない状況で

私たちは、
生まれて来ることが
出来ました。

 

 

 

私たちはその命をこの世で
最大限に活かせる「場」を与えてもらっているのです。

 

 

 

最初から与えてもらえている存在なんです。。。

 

 

 

 

生まれてこなかった

私の中で
最初に宿した「命」は

そのことに
気づかせてくれました。

 

 

 

生きてるってことは

 

まだいっぱい
体験することがあるよ。

 

って。

 

 

 

生まれてくることができた
私たちは、

 

 

2018年は、
どう生きましょうか!

 

 

あなたは、
2018年はどんな
成長をしたいですか?

 

 

何を与えたいですか?

 

 

初詣に行かれる方も
多いと思いますが、

正しい「祈願」をすることで
2018年が変わってきます。

 

 

 

その思いを最大限に
活かせる1年にするために
お薦めの本があります。

 

 
 
私が今年(2017年)の10月から
 
陰の道と陽の道を融合し、
天命実現のための6ヶ月の講座


「The Calling(ザ・コーリング)」

 
を一緒にやって頂いている
仕事のパートナーでもある


羽賀ヒカル
さんの新刊で

「神社ノート」

 

という本があります。

 

 

 
12月20日に
発売されたばかりです。

 

 

 

その本の中には、
たとえば、こんなことが
書いてあります。

 
 
。。・。。・。。・。。・
 
実のところ、
ほとんどの参拝者は、
正しい祈願ができておりません。

 

 

祈願とは、単に

「あれがほしい。こうなってほしい」

と、神様に願望を投げることではありません。

 
神様に“問い”を投げることです。
 
神社参拝をすることによって、
その“問い”対する“答え”を神様が返してくれる。


その対話をすることが
神社参拝の醍醐味なのです。

 

 

ところが、そもそも、

ちゃんとした“問い”を持って
生きている人は極めて少ないのです。
 
 
なぜ、そうなってしまうのか?

それは、

“書かないから”
です。

 
 
書くことは、“言語化する”
ということです。
 
あなたが神様に望むことがあっても、
それを言語化せずにいると、

 

脳内にひしめく雑念に埋もれて、
大事な問いが見えなくなってしまいます。

 
 
頭の中だけで考えていると、
いざ神社参拝するにしても、

そのときの気分で、

「あれがほしい、こうなってほしい」

とお願いするだけに
なってしまうのです。

 
それはもはや

“発願”ではなく、

単に“欲求”を並べている

ようなものです。

 
 
自分の願いを書いていると、
頭の中でぼんやり考えているだけの願いが、
言語化されます。

 

 

すると思考も整理されて、
自分でも思いもよらないような、
“本当の願い”が発掘されたりするものです。

 
 
。。・。。・。。・。。・

 

 

自己観察も、「書くことで」心の中を
客観的に整理しながら、
自分の深い部分の本当の思いなどを
読み解いていきます。

 

 

この神社ノートには、

この問いを深めていくための
ワークができるようになっています。
 
 
そして、具体的な神社でのお祈りの仕方
(言葉)なども書かれています。
 
神様にも得意不得意があり、
自分の本当の願いをききいれてくれる神様は
どの神様か?なども知ることができます。

 

 

まだまだその他の重要なことも
たくさんあってご紹介しきれません。

 

 

 

ぜひ、
初詣に行く前にでも、
本屋さんで購入して
読んでみてくださいね。

 

 
といっても、
この人生で、天命を実現したいという方には、
全ての方にいつでも役に立つ内容です。
 

 

 

大きな本屋さんでは、
見つけられると思います。

 

 

 

ネットで購入したいという方は、
こちらからどうぞ。

 
 

 

 

私、平野香緒里は
2018年は、ご縁がある方に
天命の実現につながる種を
たくさんお渡しできるような
新たな企画もスタートしていきます。

 
 

年末(年始)のお忙しい時に、
この記事を最後までお読み頂きまして
ありがとうございました^^

 
 
これを読んでくださっているあなたにとって、
素晴らしい2018年となることを
心よりお祈りしています。
 
 
2018年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
平野香緒里

天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop