自己観察:ネガティブな感情は、あなたの真の味方です。

宝物の発見

 

日常でネガティブな感情が湧いてきたら
どうしますか?

 

 

多くの人は、やり過ごしてさっさと忘れようとするか、

 

気分を切り替えてしまうか、

 

これもきっと自分にとって必要な体験なんだ!

 

または何が起こってきても「感謝」で受け取ろう!

 

とポジティブに「そう思おう!」

 

とがんばってしまうか、

 

ブロックを誰かに外してもらおうと考えるか?

 

スピリチュアルな能力がある人に
どうしたらよいのか、お金を払って聞きに行くか?

 

憂さ晴らしでカラオケに行って忘れてしまおうとするか?

 

 

「自己観察」をして

起こってきたことの意味を読み解いていくことを

繰り返し実践してきた私が心の底からわかったこと

 

 

それは、

 

上記の対処の仕方は、

本当に本当にもったいないことだと思います。

 

 

確かに、望まない体験をして、
ネガティブな感情を味わったら、

 

その感情から早く逃れたいし、

 

忘れたいし、

 

ましてやそのネガティブな感情を元に
深掘りをして自分を観察していくなんて・・・

 

やりたくない!と思う人は多いのはわかります。

 

 

でも全ては、

 

体験していることは、

自分が無意識にも思考した結果

 

です。

 

 

正しいと思っていること

 

 

当たり前だと思っていること

 

 

その「意識」が「現実化」しています。

 

 

 

th_スクリーンショット 2014-09-04 16.24.15

 

 

上の図の93%の潜在意識にある「信じていること」

を現実として私たちは体験しています。

 

 

 

出来事や相手にパッと反応する自分の気持ち(感情)こそが

自分の「今」の体験をを創っているのですね。

 

 

「感情」にフォーカスをして、

 

自分の中からネガティブな感情が出てくる元の意識を

 

深く探っていくのです。

 

 

その先には、大きな感動の宝物が

 

あなたが発見してくれるのを待っています。

 

 

 

宝物の発見

 

 

「思考は現実化する」

 

 

それが真理であるならば、

 

自分の思考したこと(意識したこと)に

 

全てに責任を持つ

 

そんな素敵な大人になりませんか?

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop