自己観察の実践:究極の癒しの秘訣は、全肯定できるようになること

魂が喜ぶ

こんにちは、平野香緒里です。

 

「自己観察」をして
あぁ・・・そうか。そうだったのか。
だから、私はこんな体験をずっとずっとしてきたんだ・・・

 

心の底から腑に落ちて気づけて
自ら感謝して手放せたときの喜びに満ちあふれることが

私は究極の癒しだと思っています。 

 

 

 

今日は、先日の平日ベーシック講座を受講していただいた
Uさんのご感想をご紹介します^^ 

 

 

1、本日の平日ベーシック講座を受けて、今後こうなりたいと思ったことがありましたら チェックしてください。

 

 

■ 不安、恐怖から解放されて、安心で満たされたい

■ 人間関係を回復、改善 したい


■ 性の悩みを解決したい


■ 人に頼らず問題解決する方法を手に入れた い


■ 感情をコントロールできるようになりたい


■ 願望実現のための目標設定ができるようになりたい


■ 潜在能力を開発し、豊かになりたい


■ 夢を実現したい


■ 天命、天職を見つけて、自分らしい生き方をしたい
 

 

 

2、本日のベーシック講座で心に響いた部分はどこでしたか?

 

体験した意味を肯定する、ということが最も
印象的でした。

恐れなどの否定的な感情に襲われた時は、すぐに浄化してハートをニュートラルにすることを意識していましたが、私の場合、些細なきっかけで過去の不快な記憶を呼び覚まし、それに起因する否定的な感情の影響で、なかなかハートをプラス状態に保つことができません。

従い、否定的な感情を伴う過去の体験については、なぜそれが起こったのか(なぜ自らそれを創造したのか)を理解し、感謝とともに受け入れて肯定することが先決である、という平野さんの説明が腑に落ちました。

そうすれば、ハートは今ここで、自然とプラス状態に保たれるという訳です。

これから、手放せないまま握りしめている過去の否定的な体験を、全肯定できるように、丁寧に検証していきたいと思っております。

 

 

3、全体の感想を自由にお書きください。

 

 

平野さんのブログを拝見したのはごく最近のことですが、とにかく気づきが多く得心できる内容なので、話は通じる方だろうと思っておりました。

そして予想通り、違和感無くお話を伺うことが出来ま

した。

私は、長い間仕事が低迷したままで変化の兆しも見せないため、近頃は恐れなどの否定的な感情に襲われることが多くなって来ました。

但し、以前のように外の世界へ情報を求めるのはやめて、自分の中
に回答を見つけるつもりです。

自ら創造する世界の中で、いかなる現実が目の前にやってこようとも、いつでも心の安らぎを選択できるように、自己観察を続けていきたいと思います。

どうもありがとうございました。  

(50代 男性 K. U.さん)

 

 

Uさん、ありがとうございました。Uさんは、50代の男性の方。

 

これまでも津留晃一さんのメッセージも読まれていたとのこと。

こんなふうに生きたい!と思ってイメージワークを

実践してもずっと現実は望んだとおりに
なっていなかったそうです。

 

 

以前の私も同じでした。

 

うまくいかない現実を、

それも自分が「創造」していたのだ
ということを認められないまま、

いろんなノウハウに走っても

 

 

やっぱり望むようにならない

ということを嫌になるほど
私も体験してきました。

 

 

体験を「全肯定」することが

大事なんだと深く理解されたUさん。


 

これからは、いろんな学んだことを頭ではなく
「実感する」人生にしていくことが、
自分自身に対するプレゼントですね^^

 

 

魂が喜ぶ

 

 

「わかる」ために

 

「わからない」体験をしている私たち。

 

 

そうだったのか!とわかっていくプロセスは、
どんなアメリカで興行成績1位の映画よりも、

 

この体験している自分の人生に対して、感謝感動を
深く感じ楽しむことができるのです。


 

このわかっていくプロセスを体験するために、
「わからない」を体験していたのです。^^


 

今後の人生で「自己観察」をマスターして
本当に魂が喜ぶ人生を生きていってほしいなと思います。

 

 

 

本気のあなたのチャレンジには、
私もとことんお付き合いします^^

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop