自己観察:目の前の人が自分の鏡だとわかったあと・・もう一歩深く観る

th_shutterstock_77915881

こんにちは、平野香緒里です。

 

 

 

自己観察をしていくと、

 

なんだ、この人は自分のことを映し出す

鏡だったのか〜

 

とわかる時があります。

 

 

でも

 

「相手の人は私の鏡だ」とわかったら

それでおしまいではないのですね。

 

 

そのあとに大事なことがあります。

 

 

 

目の前に嫌な人が現れて
ネガティブな感情が出てきました。

 

ネガティブな感情を元に

 

 

なんでこの状況で私は「怒り」がでてくるのかな?

 

どんなことを信じているから、この感情がでてくるのかな?

 

 

自己観察をすることで

 

「あ、この人は私のこういう部分を鏡として

見せてくれていたんだ」

 

「私の鏡だったんだ!」

 

 

と、自分の鏡だとわかった!

 

と気づいただけでも

素晴らしいことです。

 

 

素晴らしい気づきの第1歩です(^^)

 

でも、相手は自分の鏡だと、そこまでわかったのに

現実が変わらないこともあります。

 

 

 

本当に持っていた価値観や思い込みが

浄化できたときは、癒された感覚になります。

 

あ~そうだったのか・・・・と

心から感謝の気持ちが湧き起ってきます。

 

 

相手がしていることは自分もしてたんだ・・

自業自得だ・・・

 

 

相手が自分の鏡ということは、

私はこんなに酷い人間なんだ・・と

 

 

自分を責めている感覚があったり、

自己嫌悪になったりすることがあるかもしれません。

 

でも、覚えておいてくださいね。^^

 

 

自己観察は自分を責めることとは

ちがいます。

 

鏡をみて悩む

 

絶対的な安心感や幸福感を

もてない体験をしたとき、

 

あなたは、そういう考え方を持っているんだよ

 

 

ということを見せてくれている。

 

教えてくれているのです。

 

 

 

あなたの表現したい世界はこれでいいですか?

 

これがあなたの表現したい世界ですか?

 

 

とわざわざ親切に宇宙は見せてくれているのですね。

 

 

とにかく自己観察を「鏡だとわかった時点」よりも

 

もう一歩先まで深く観ていきます。

 

 

■なにを信じているから、そういう現実を体験したのか?

 

■その体験は何を気づかせてくれるために

 起こってきてくれたのか?

 

 一歩、俯瞰(ふかん)して観る。

 

 

 

目の前に起こるすべての出来事は、

自分の発する考え、思考に

 

 

気づき自分が意識の変容を遂げるために

 

宇宙がそのまま

 

「あなたの考え、思考、発したエネルギーはこうですよ」

 

とみせてくれる。

 

 

th_shutterstock_77915881

 

 

 

なんでこのタイミングでこの鏡の存在である

相手の人との出来事が

起こってきたのか考えてみます。

 

 

「今起こってきたこと」は、

自分の無意識の思考や価値観(信じていること)が創ったのです。

 

 

 

私も知っているのに、忘れてしまうときがあります(^^;

 

 

でも、日々自己観察を習慣化していけば、

 

深く「鏡の法則」を理解し実感していくでしょう。

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop