嫌いな人は、まるごと嫌いのままにしていませんか?

th_shutterstock_179593217

こんにちは、
天命・天職が見えてくる
自己観察の専門家
 
平野香緒里です。
 
 
 
ある方のセッションでのお話です。
Nさんとしましょう。
 

(Nさんは、名前を出さなければ
どんどんシェアして大丈夫です。
と許可を頂いています)

 

 

Nさんは、十何年も身近な存在で、

どうも好きになれなくて

 

どうしてもすごい嫌悪感がある人がいる

ということでした。

 

 

 

感情は「怒り」です。

 

嫌いな理由をあげてもらいました。

 

 

最初は、

すべてが嫌い

だから、理由をあげることができませんでした。

 

 

すべてが嫌い

その気持ちはわかります。

 

 

 

 

すべてが◯か×かで分けがちで

 

どう考えたって、この人が

自分の鏡だなんて信じられないし、

 

この人に感謝できるようになるなんて

考えられないし、

 

そうなりたくないし、

 

ありえない・・!

 

 

という感じでした。^^:

 

 

 

だから、細かいことを考えたくないのですね。

 

 

でも必ず「嫌な理由」

というのは、存在するはずです。

 

 

たとえばどこが嫌なのか聴きました。

 

 

いくつか質問を繰り返していくうちに

ぽつぽつと出だしたと思ったら、

最終的には14個も「嫌な理由」が

でてきました。

 

 

 

日頃、この人嫌いと相手に×をつけて

一度×をつけたら、全部×みたいな捉え方に

なっていることがあるかと思います。

 

 

あえて、理由なんて考えたくない。

嫌なものは嫌なんだと。^^;

 

 

Nさんが書かれた嫌いな相手の方の理由の
主な項目です。

 

 

===============

身近な人を大事にしていない。

 

うわべだけで取り繕う

 

会社で自分の立場を利用していばっている

 

自分のことをバカにしたような目つきでいつも見る

 

心のこもっていない受け答えをする

 

===============

 

などでした。

 

 

書いたものを客観的に見てみると

Nさんは、気づきました。

 

 

 

これは、全部私がしていることです。

と。

 

 

 

私は、Nさんに聴きました。

 

Nさん自身は相手の方をバカにしたような目つきで見てないですか?

と。

 

 

すると、

 

「相手がそうなので、私も同じようになってしまいます。」

 

という答えでした。

 

 

最初にNさんが、自分のことを

バカにされているような目つきに感じた

 

そう捉えたということです。

 

 

 

もしかすると、相手の方はそんなつもりで
見ていたわけではないかもしれません。

 

 

なんか嫌だという気持ちがあったので、
そう見えたのかもしれません
とのことでした。

 

 

 

 

出来事や相手を自分の鏡として観る

 

 

についての話をしました。

 

 

Nさんは、ずっと鏡である嫌な人を
壊し続けてきました。

 

 

 

自分とは完全に分離した存在として。

 

Nさんが
嫌な相手が自分の鏡だったと

わかったところで、

では、どうすればいいか?

 
が大事ですね。
 
 
 

与えたことが返ってくる

 

という真理は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

与えたことが返ってくるのですから

 

Aを与えたらAが返ってくる

 

 

Bを与えたらBが返ってくる

 

 

ということですね。

 

 

ということは、

 

 

今体験していることは、
自分が与えたことが返ってきた結果

 

 

ともいえます。

 

 

もう一度

Nさんが書いた嫌いな相手の理由のうちの
3つを見てみましょう。

 

 

 

===============

 

うわべだけで取り繕う

 

自分のことをバカにしたような目つきでいつも見る

 

心のこもっていない受け答えをする

 

===============

 

 

 

これをNさんも自分もこれをやっています。

とハッとしました。

 

 

 

でも、Nさんは

 

「相手がそういう態度だから、自分もそうなる」

 

と再び言っていました。

 

 

相手が変わらないのに、私だけ変わりたくない。

 

相手が先に変わることを望んでいました。

 

 

とてもよくわかります。その気持ち。

 

 

でも再度、確認してください。

 

 

今体験していることは、
自分が与えたことが返ってきた結果

 

 

Nさんは、相手のことが嫌いだから

 
Nさんから相手の人に対して

 

うわべだけで取り繕う

 

 

自分のことをバカにしたような目つきでいつも見る

心のこもっていない受け答えをする

という態度をとっていたのでした。

 
 
そして、
Nさんが書いた嫌いな相手の理由
が正にこれなのです。
 
 

===============

うわべだけで取り繕う

自分のことをバカにしたような目つきでいつも見る

心のこもっていない受け答えをする

===============

 

 

 

Nさんが与えたことが
現実として見事に返ってきていました。

 

 

 

Nさんは、そのあと
嫌いな相手のことも、
これまでの背景をよく理解したら
その人も大変だったのだなと少し理解できたといいます。

 

 

 

そして、うわべだけ取り繕うようなことはしないで

心をこめて受け答えをする

 

 

そうしていたら、
バカにした目つきで相手を見ることもないでしょう。

 

 

 

それを心がけるとのことでした。

 

 

 

きっとNさんがそういう意識を
相手の人に対して与えていたら、

 

 

きっと相手の人の応対も
変わってくるのではと思います。

 

 

体験を鏡として観るということは、
他人は自分の心の鏡であるということ

 
そして、

与えたものが返ってくる

ということと結局は一緒のことをいっているのでした。

 

 
 
Nさんは、十何年も身近な存在で、
どうも好きになれなくて

 

どうしてもすごい嫌悪感がある
人がいる

 
 
 
それは、自己観察をして気づいて、
本来、私は人としてこう在りたい!
 
と気づいたことを、
 
実際に、自分の方から「与える」ということを
する。
 
 
そうすることで、
 
 
身近な存在に何十年も嫌だと思う人がいたのに

今は気にならなくなりつつある・・・とのことでした。^^

 

 

 

それだけで、奇跡だ!と自分でびっくりしていました。

 

 

 

気にならなくなるということは、

怒りの現実を創らなくなったということですね。

 

 

 

これって大きな進歩だと思いませんか?^^

 
 
何かのヒントになったとしたら、嬉しいです。

ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 

天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop