「使命」を果たすことの本当の意味

背中にハートのクッション

こんにちは、

 

天命・天職が見えてくる
自己観察の専門家

 

平野香緒里です。

 

 

 

 

今の自分の命があるということは、
とてつもない数の命を
使わせていただいているということ。

 

 

この「他の命を使わせていただいて
自分の命が成り立っている」

 

そう考えると、
本当に謙虚にしかなれないですよね。

 

 

でも普段はそんなこと忘れて
しまっていませんか?

 

 

この記事を読んでくださっているあなたは

そんなことないかもしれませんが、

 

 

自分ではそんな自覚はありませんでしたが、

私は謙虚さの欠落した、かなりの「傲慢」な人でした。

 

3人兄弟の末っ子に生まれたところも
関係していると思います。

 

しかも上が兄2人で
末っ子の女の子です。

 

なんでも周りの人がしてくれて
当たり前。

 

できなくても「良し」とされる環境。

 

 

私はこの環境で育つ必要が
あったのですね。

 

 

自己観察をする度に、
自分の「傲慢さ」には
あきれてしまうほどでした^^;

 

 

でも当時の私はそんなこと
微塵も自覚していなくて

 

私は、正しい。

 

 

なんでわかってくれないの?
と思っていました。

 

でもだんだん、
自分の無意識でもっていた意識を

理解できるごとに

 

 

傲慢さに気づき、
少しずつ「謙虚さ」を
取り戻せるようになってきました。

 

 

表面的には、それまでも
謙虚に振る舞っていたことは
ありますが(笑)
本当の意味では、全然
私は謙虚ではなかったと思います。

 

 

謙虚なふりをしていた
傲慢な私だったのです。^^;

 

最初は望まない出来事が起こると
自分の外(周囲の人)ばかりを責めていました。

 

 

 

 

これを元に観察をしていくと
結局は例外はひとつもなく
自分の「意識」が体験する
現実を全て創っていました。

 

 

そのことを実感すればするほど
日々の生活の中でも感謝感動を
受け取れる感性が
どんどん深まってきました。

 

 

 

 

 

愛をいただいている

 

 

 

「他の命を使わせていただいて
自分の命が成り立っている」

 

これを自覚し
感謝できるようになると、

 

使命が見えてくるということに
繋がるのです。

 

こういうふうに考えることによって、

 

 

自分や他人の「命」に対して
心からの感謝が湧き起こり、

 

 

今度は自分の命を使ってくださいと

 

 

「与えられる自分」

 

になれるのですね。 

 

 

 

「与えられる自分」になるためには、

 

 

自分が存分に与えられている
存在だと知ることが大事なのです。

 

つまり

 

「使命」というのは、

 

いろいろな方たちの命のお陰様で自分の命が成り立っている

 

ということを考えること

 

なのです。

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop