成功者は、高い境地に達した時の気づきを周りにアドバイスしている

shutterstock_62005042

こんにちは、

天命・天職が見えてくる

自己観察の専門家

平野香緒里です。^^

 

 

自己観察をしていると、なんだか訳がわからなくなって、
ぶれてしまいそうなポイントがあります。

 

 

それは、成功した多くの方が、


「ピンチの出来事が起こってきたら、チャ〜ンス!と思え」

とか、

 

「自分が楽しくワクワクすることをやるべきだ」

という意味のことを言っています。

 

「すべての出来事は感謝につながる」

というのもそうですね^^

 

 

 

それは、成功して高い境地に達した人たちが、

達した時に悟ったことが、

「ピンチの出来事はチャンスだ」

 

「自分が楽しくワクワクすることをやるべきだ」

 

「すべて感謝」なわけです。

だから、確かに正しいし本当のことなんです。

 

 

でも、ビンチの出来事が本当はチャンスだったんだ
と思えるようになったプロセス

 

また「やっぱり自分が楽しくワクワクすることをやるべきだ」
と悟ったそこまでのプロセス

 

苦しい出来事が、感謝として
捉えられるようになるまでのプロセス

 

そのプロセスにおいては、いろんな苦しみもあり、
価値観の転換もあって乗り越えてきたのだと思います。

 


そこのプロセスが大事なのに、
そこを抜かして言っているのです。

 

 

つまり成功した人は、

周りの人もそうなって欲しいと思うから、


到達した時に悟った気づき
をそのまま情熱的に伝えているのです。

 

もちろん、悪気はないと思います。

 

でも、まだその高い境地に到達していない人が
そのままその言葉を受け取ると、

自己観察する余地がなくなりますね。

 

 

 

感情を切り替えてしまう=いったん自分の中から出た
ネガティブな感情に向き合わないから、

自分の中にあった解放されるはずの価値観は、
残ったままになってしまうのです。

 

 

 そこは、この人は、自分が高い境地に到達した後のことを
「こうしたらいい」と説いているのだなと
自分で判断できるようになってくださいね。

 

 

 

重要ポイントです^^

ありがとうございました。

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop