心配しないで信頼してよ

スクリーンショット 2020-06-03 15.21.23

こんにちは、

天命・天職が見えてくる

自己観察の専門家

 

平野香緒里です。

 


先日のこと

 

私は娘のことを心配していた出来事がありました。

 

その自己観察をしようとしたときに、

 

瞬時にあることを思い出し、浄化できてしまいました。

 

 

 

時は2004年・・・^^

 

私が娘のnicoを妊娠しているとき、親戚や祖母からとても心配していると

電話がありました。

 

 

私は、当時34歳、祖母の時代からすると

 

「高齢出産」の部類です。^^;

 

 

 

そのうえ、その妊娠の1年前には初めての

子どもを流産して亡くしていたので

 

とても心配してくれていました。

 

 

 

私は、ずっと前から出産するなら

 

「水中出産をする!」

 

と決めていたのです。

 

 

水中出産ができる助産院をさがし、

希望のところで希望するお産をしたい

と思っていました。

 

 

 

食事や運動など自分でかなり管理してやっていました。

 

とても経過もよかったし、

私の中では水中出産に対する期待こそありましたが、

不安は全くありませんでした。

 

 

 

でも、親戚や祖母は私の体をとても心配していました。

 

もし何かあったらいけないから、

大きい病院で産んでくれ・・・と。

 

 

 

最初はよかったのですが、

その当時の私は、だんだん

 

「心配」しないでもっと私のことを「信頼」してよ。

 

悲しさと怒りの感情が湧き上がってきました。

 

 

 

私は大丈夫ということを信じて!と。ずっと思っていました。

 

「心配するということは、信じてもらえてない」

 

 

という価値観が私の中にあったのですね。

でも人によっていろんな愛情の表現の仕方があるということにも

気づくことができました。

 

 

 

私の価値観では「心配=信頼していない」という定義になっていましたが、

 

祖母の価値観では「心配=相手を大事に思う」という定義だったかもしれません。

 

 

 

とにかく祖母は、私のことを大事に思ってくれていたからこそ、

夜も眠れず心配してくれていたのでした。

 

 

 

私は、そんな祖母の気持ちが当時は理解できずに
自分の価値観に当てはめた情報の受け取り方をしては、

 

ネガティブな感情になっていちいち反応していたのでした。

 

 

もう一度繰り返します^^

 

 

 

以前私は

自分定義が

心配=信頼されていない

だから、心配するんじゃなくて、信頼してよ!と思って怒りがでていました。


でも、祖母定義は、

心配=愛だったんだ

 

 

とわかってからは、

いまだに心配してくれるけれど、それは祖母表現だと
受け取れて、前ように怒りはでなくなりました。

自分情報受け取りが変わったで、

現実が変わったのでした。

 

(今は、祖母は亡くなっています。)

 

 

そのことを今回ぱっと思い出しました。

 

 

 

そして同時に

あの時、心配してくれていた祖母の気持ちを心底理解できたことと

娘はどんなことがあっても大丈夫だから、心配しなくてOKだ!!^^

 

 

 

娘を信頼しよう!という気持ちに瞬時になりました。

なんだか、強くてたくましい娘を

 

自ら創造できたことが

 

嬉しくなりました。

 

 

 

 

私の中が安心感で満たされました。キラキラキラキラ

心配の感情、不安の感情がでてきたときも

 

すぐに「自己観察」してみてくださいね。

 

 

この心配・不安の感情ははどこから来るのだろう?

 

と。

 

 

正体がわかると、本当に楽になりますよ^^

 

 

 

あ。ちなみに

娘は無事予定通り、助産院で「水中出産」で

 

元気に生まれました^^

 

ということで、今日はこのへんで。

 

今日もハッピーで素晴らしい1日を音符

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop