本当は自分の望む結果になっていたとうこと

th_shutterstock_124822267

こんにちは、

 

天命・天職が見えてくる

自己観察の専門家

平野香緒里です。^^

 

 

 

いつもお伝えしいる図で

意識と現実あります。

 

 

 

 

これは、

今体験しいる事は、
自分与えた(発しいる)エネルギー返っいる

ということでもあります。

 

 

 

人とうまく関われない現実、
仲良くなれそうと思った人も
気づけば疎遠になっるという現実

ということに長年悩んでいたOさん。

 

 

 

学生時代に仲良くした友達
引っ越ししまい
自分から離れ行った時、

も傷つき悲しい思いに
なったそうです

 

 

体験をした後、

Oさん自分で「決めたこと」ありました。

 

何だと思いますか?

 

 

答えは、

Oさんは、自分でも
気づいいませんでした

 

無意識うちに

 

「こんな悲しい思いをするなら、
もう人とは深く関わらない」

 

と決めいたです

 

 

 

図でいうと、こうなります。

 

 

 

 

意識 …… 「人とは深く関わらない」と決めた

 

現実 …… 顔見知り程度人と付き合いや集団苦手。

        仲良くなれそうと思った人も気づけば疎遠になっいる、

        なんでも話せる友人いない。

 

 

 

 

「人と深く関わらない」

 

というエネルギーを無意識に発しいた結果投影された現実を体験しいた。

 

 

 

自分で人と深く関わらないと
決めいるだから、

 

なんでも話せる友達いないは、
当然結果なんだということ

 

 

 

本当は自分望む結果になっいたとうこと

 

 

 

ずっと長い間人間関係に悩んできた
それ自分決めた事結果だったとは…

衝撃でした。

 

ことでした。

 

 

 

私たちは、なにか悲しい出来事やつらい出来事があった時、

 

とても傷つき、ネガティブな感情におちいった後に

 

「決めたこと」があったりします。

 

 

もう、自分に優しくしてくる人を絶対に信じない!

 

 

とか、

 

 

もう、自分ひとりでまじめにやってるのはバカらしい!

 

とか、いろいろとあると思います。

 

 

 

 

自分の中の無意識の意識が、現実化している

 

ということ

 

 

 

その無意識の思いに気づくことは、

自己観察をしていくうえでも大切なことなのです。

 

 

 

いつもありがとうございます^^

 

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop