私の今の仕事の原点のひとつの物語

th_shutterstock_177575783

天命・天職が見えてくる
自己観察の専門家

平野香緒里です。

 

 

 

私は、自己観察と出会う前に、
発達障害の子供たちとその家族を
サポートする仕事に
10年ほど関わっていました。

 
ある自閉症の男の子のお話です。

 
Kくんとしましょうか。

当時Kくんは養護学校に通う
中学生でした。

 

 

 

自閉症のKくんには、
たくさんのこだわりがありました。

 

 

こだわりが強く、
それ以外は受け付けないという
制約や束縛をいっぱい
もっていました。

 

 

Kくんには、いつも行く
お気に入りの公園がありました。
 

 

逆にそこ以外はKくんにとっては
安全でない場所なんですね。
 

 

だから、いつもKくんは、

 

「○○公園 いくー」と言っていました。
 
 

 

私はずっと思っていました。
 
 

 

Kくんを他の△△公園に
連れていきたいと。
 
 
きっとKくんだったら、気に入るよね~

 

と以前から思っていたし、

 

 

もっとKくんに世界を広げて
ほしかったのです。

 

 

 

あるとき、Kくんに

 

 

「今日は△△公園に行こうよ」

 

 

と言いました。
 

 

 

○○公園もいいけど、
△△公園もまた楽しいよ~!!

 

 

と。^^
 

 

 

 

すると

予想はしていましたが、

ものすごい自分の頭をガンガン叩いて
自傷が始まりました。

 

 

 

今自分のいる世界、
知っている世界が安心だから
新しい世界なんて行かない~!!!

 
と訴えているようでした。

 

 

 

でも、私はそれでもKくんに
新しい世界に
連れて行きたかったのです。
 
 

 

たとえ、おもいっきり腕を
つねられようと
何されようと^^;

 

 

 

ある日、かなり激しい抵抗を
受けながらも、
Kくんが初めての△△公園に
連れて行きました。
 
 
そこで結局どうなったか
といいますと、

 

 

Kくんは、そこをとても気に入り
とても楽しく遊べたのです。
 
 

 

そう、お気に入りの場所が
もう一つ増えて

 

新しく世界が広がったのです。
 
 

 

あの時、暴れながらも、
私を信じてついてきてくれて
ありがとう!
 
 

 

新しい世界が、Kくんにとっての
お気に入りのスタンダードになって
本当に心から嬉しかったです。

 

 

 

Kくんは、自分で自己観察は
できないけれど、

 

 

暴れながらも私を「信頼してくれる」ことで
世界が広がる体験をしたので、

 

 

それ以降は、いろんな場所に
行けるようになり、

 

 

 

そして私でなくても、
他の人も信頼できるように
なりました。

 

 

 

これが、一番嬉しかったですね^^

 

 

 

 

Kくんは、新世界を自らの行動で
体験できました。

 

 

 

新世界

 

 

 

 

Kくんに限らず、

私たちは、

 

変わろう!と思っても

 

やっぱり今いる自分の世界に
苦しいながらも、

 

どこかにメリットを感じて

 

 

新しい世界にいくことが
できないでいたりします。

 

 

 

私は、天命・天職が見えてくる

自己観察のセオリーの実践の場を提供しながら、

関わらせていただく受講生の方々の

見えていなかった世界の景色を

一緒に見たいなと思っています。

 

 

これは、私の今の仕事の原点となる

ひとつの

大切なストーリーです。

 

 

 

 

今抱えているいろんな制約や束縛を
自己観察をして、

経験と自信を積み重ねて、

 

 

一つずつ丁寧に向き合い、手放して
新世界を体験していきませんか?^^

 

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop