自分自身で 潜在的にもっているネガティブな 感情に気づいた時はどうすればいいですか?

考える人の姿

こんにちは、

天命・天職が見えてくる

自己観察の専門家

平野香緒里です。

 

 

今日は、

365日メール講座の受講生の
Mさんからいただきましたご質問に
今日はお答えします^^

 

 

【ご質問】

 

自己観察を始めてから他人をとおして
ネガティブな感情に
気づくだけではなく、自分自身で
潜在的にもっているネガティブな
感情にふと気づくことが多くなった
気がします。

 

この場合の自己観察もメルマガで
教えていただいたとおり行えば
良いのでしょうか?

 

 

。。・。。・。。・。。・。。・

 

同じようなご質問、時々いただきます。

 

 

最初に結論を書きますね。

 

 

気になるネガティブな感情は、
自己観察をした方がいいです。

 

よく受講生に言っているのは、

 

 

日々の感情をすべて
自己観察する必要はありません。

 

 

リラックスする時間が
なくなってしまいますね^^

 

ちょっと怒りの感情は出てきたけど、
それほど大したことないな

翌日は忘れてる程度のネガティブな
感情に対してはそのままスルーして
いいと思います。

同じような現象が3回くらい
続いた場合、あれ?まただ!
と自分でも気になると思います。

 

その時に「自己観察」をやって
いただければいいと思います。

 

 

一度の出来事でご自身が気になる
ことでしたら、もちろん自己観察を
しくださいね。

ほっといても、また自分自身が
気づかないといけない価値観が
あったら、何度でも現実として
起こってきてちゃんと
気づかせてくれますので
大丈夫です。^^

 

私の場合、

「タバコのポイ捨てを見る」
→「怒り」

 

 

この体験は、20年間何度も何度も
嫌になるくらい続きました!^^;

 

 

20年間自己観察を
知らなかったから。

 

 

体験の本質を知ること

 

なぜこの体験を自分は
する必要があったのか?

 

 

私のタバコのポイ捨ての例では
深い体験の意味が隠されていました。

 

 

父の深い愛に気づくこと

 

でした。

 

(詳しい体験談はブログやメール講座でも書いてあります^^)

 

 

自己観察を習得していれば、
怖いものなしです!^^

 

 

 

再度まとめますと、

 

ご自身が、そのネガティブな感情が

 

「気になるようでしたら」

 

自己観察してください♪

 

 

ということでした。

 

自分の意識に責任をもって
ネガティブな感情を引き起こす
大元の価値観を見つけて、

それを感謝に変換できるように

応援しています。

 

 

今日もハッピーで素晴らしい1日を♪

 

 

メール講座(無料)では、自己観察の具体的なやり方も

ご紹介しています。^^

 

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop