自己観察:嫌いな人は、まるごと嫌いのままにしていませんか?

鏡の存在

こんにちは、天命・天職が見えてくる
自己観察の専門家
 
平野香緒里です。
 
 
ある受講生とのセッションでのお話です。
Nさんとしましょう。

 

Nさんは、十何年も身近な存在で、

どうも好きになれなくて

 

どうしてもすごい嫌悪感がある人がいる

ということでした。

 

 

嫌いな理由をあげてもらいました。

 

 

最初は、

すべてが嫌い

 

 

だから、理由をあげることができませんでした。

 

 

すべてが嫌い

その気持ちはわかります。

 

 

 

すべてが◯か×かで分けがちで

どう考えたって、この人が

自分の鏡だなんて信じられないし、

 

この人に感謝できるようになるなんて

考えられないし、

そうなりたくないし、

 

 

ありえない・・

という感じでした。^^:

 

 

 

だから、細かいことを考えたくないのですね。

 

 

でも必ず「嫌な理由」

というのは、存在するはずです。

 

 

たとえばどこが嫌なのか聴きました。

 

いくつか質問を繰り返していくうちに

ぽつぽつと出だしたと思ったら、

最終的には14個も「嫌な理由」が

でてきました。

 

 

自己観察で大事なところは、

日頃、この人嫌いと相手に×をつけて

一度×をつけたら、全部×みたいな捉え方に

なっていることがあるかと思います。

 

 

あえて、理由なんて考えたくない。

嫌なものは嫌なんだと。^^

 

 

Nさんが書かれた嫌いな相手の方の理由の
主な項目です。

 

 

===============

妹さんを大事にしていない。

うわべだけで取り繕う

会社で自分の立場を利用していばっている

自分のことをバカにしたような目つきでいつも見る

心のこもっていない受け答えをする

===============

 

などでした。

 

 

書いたものを客観的に見てみると

Nさんは、気づきました。

 

 

これは、全部私がしていることです。

と。

 

 

私は、Nさんに聴きました。

 

 

Nさん自身は相手の方をバカにしたような目つきで見てないですか?

と。

 

 

すると、

「相手がそうなので、私も同じようになってしまいます。」

という答えでした。

 

 

最初にNさんが、自分のことがバカにされているような目つきに感じた

そう捉えたということです。

 

 

もしかすると、相手の方はそんなつもりで
見ていたわけではないかもしれません。

 

 

なんか嫌だという気持ちがあったので、
そう見えたのかもしれません
とのことでした。

 

 

ここで「鏡の法則」の話をしました。

 

 

Nさんは、ずっと自分を映し出す鏡である人を
「嫌な人」として壊し続けてきました。

 

自分とは完全に分離した存在として。

 

 

Nさんが
嫌な相手が自分の鏡だったと

わかったところで、

では、どうすればいいかということを、

 

 

 

次回は
与えたことが返ってくる

ということと一緒にお伝えしたいと思います。


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop