自己観察の実践:自分の意識を映し出している「鏡」=現実

自分の周りの鏡を磨く

 

自己観察をしていく上で

 

大切なのが、

 

「この現実を鏡として観る」

 

ということです。

 

 

 

 

 

これは、逆にいうと、

 

自分以外の他人という存在に

全部自分を見せてもらっているということ

 

 

これは宇宙のものすごいシステムなのです。
 
自分がいて周りに360度いろんな他人がいる。(家族も含めて)
 

この人たちが全部見事なパーフェクトな

自分自身を見せてくれる状態なのです。

 

 

自分と周囲の鏡の図

 

でも周りの他人という「鏡」を

見ないようにしたり、

 

自分とは到底思えないから、

ただ避けていたりすることも

あるかと思います。

 

 

 

たとえば、
Aさんをすごく好きになりました。

 

でもAさんからすごく嫌なことをされました。

 

Aさんは嫌だと ×をつける。

 

⇒鏡を壊す

 
自分の思い通りにならなかったり、

自分の意にそぐわない事をされると、

鏡ごと壊してしまう。

 

こうやって人間関係を
壊していっているのです。

 

 
鏡を壊す図

 
人はそうやって他人という鏡を

壊してしまいます。

 

あの人が好きだ。嫌いだとやる。

 

別にそれは悪くはないのです。

 

経験する必要があってするわけですから。^^

 

 

いいのだけれど理屈、理由を

知っておいた方がいいですね。
 

 

自分の意にそぐわない人との鏡を壊しまくる・・・
 
自分がどういう顔をしているか

知らない人はいないですよね。

 

これは、鏡があることで

自分の顔を認識できるのですね。

 

私はこういう顔を
今しているかな?と。

 

その鏡がなくなるとは、

自分がどういう顔をしているのかわからない。

 

 

周りの人があなた顔汚れてるよとか言われても、
自分は鏡を見たことないから、

あ、そうなの?と気づけないのです。

 

自分の周囲の鏡の存在である人たちを
「もうわかってくれないならいいよ」と

 

 

鏡をすべて壊してしまったら、
どうなると思いますか?
 

 

 

 

 

 

答えを書きますね^^
 
はい、すべて鏡を壊しまくっていたら、

 

「孤独」になります。

 

 

「存在意義」もわからなくなります。
 

 

 

だって、自分を映す鏡が

なくなってしまうのですから。
 

 

 

自分がどういう人かわからなくなって

 

「孤独になる」
 

 

私自身、過去たくさんの

「鏡」を壊してきました。

 

 

わかってくれないなら、別にいいよ。

 

とわかってくれない人から、立ち去っていました。

 

だって、まさかそのわかってくれない人が

自分を映し出してくれている
「鏡」だなんて
思えませんでしたから。

 

 

というか、鏡という概念が

わかっていませんでした。
 

 

ずっとそういう人が私の前に

現れ続けたのです。
私が気づくまで^^;

 

 

鏡は壊すのではなく、

磨いていきましょう。

 

自分の周りの鏡を磨く

 

 

自分の周りのせっかく見せてくれている鏡だから、

それを磨いていくのです。
 
じゃあ、どうすればいいの?

 

 

具体的に鏡を磨くとは、

 

周囲の人に「ご親切」をするということです。
 

 

自分を磨くことも大切ですね。
自分が輝きだしたら、

 

その輝きがさらに相手に反射し

相手をも輝かせることができるのです。^^

 

 

相手の人にとっても、

 

あなたはその人の「鏡」なのです。

 

 

あなたは、周りの人のどんな

鏡として存在したいですか?

 

 

 自己観察によって

 

周りの人たちが、自分の「鏡」だった

 

本当に自分を映し出してくれて

気づかせてくれるために

わざわざ目の前に現れてくれたのだ

 

と真に理解できるようになったら、

 

 

本当に、この世界の観方が

変わっていきます。

 

 

 

以下のリンクの記事は

私が初めて腑に落ちて「鏡の法則」
についての真理が、自分にとっての
「真実」になった私の中の

 

2大体験の一つです。

 

読んでみてくださいね^^

3才の娘の淋しさを都内の駅員さんが教えてくれた!

 

 

 

 

 


天命・天職が見えてくる 平野香緒里の自己観察と5つの法則 メール講座365レッスン

※「ezweb」の方は、文字化けする可能性がありますので、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop